So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)

 ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は昨年夏、シー・シェパード(SS)の活動に参加する前、祖国ニュージーランドの“英雄”だった。人々は敬意を表して、「世界最速のスキッパー(船長)」と呼んだ。

 今回の捕鯨妨害に参加した高速艇アディ・ギル号はかつてアースレース号という名だった。映画の世界から出てきたような流線形の外観。航行速度40ノット(約72キロメートル)を誇り、バイオディーゼルを燃料とする。2005年、地球一周最速航行を達成するために、スポンサー企業が約250万ドルを拠出して建造した。

 元海底油田エンジニアの被告が船長に選ばれた。アースレース号は3年間で46カ国の都市に寄港。どの港でも船を公開し、約25万人がこの挑戦を支援した。そして、08年6月、約60日間という当時の世界一周最速記録を打ち立てた。

 しかし、代償も大きかった。寄港先の中南米グアテマラで海難事故を起こし、漁師を1人死亡させてしまった。ベスーン被告は一時拘束され、多額の補償責任を背負うことになった。

 英雄の歯車は少しずつ狂い始めていった。被告は資金を作り出すために、アースレース号を150万ドルで売りに出した。

 ベスーン被告の苦境を助けたのが、ハリウッドの大富豪の寄付を元に船を購入したSSだった。昨年夏、被告は初めて団体代表のポール・ワトソン容疑者(59)に会い、日本の捕鯨船への妨害活動に参加することを約束した。

 しかし、アースレース号から改名したアディ号も結局、出航から1カ月も満たずに、日本船に激突して南極海の藻屑と消えた。ベスーン被告は友を失ったような喪失感を味わった。そして、今年2月、日本側に、この高速艇の補償を請求するために日本船に乗り込み、逮捕されたのだった。

 東京拘置所に勾留されたベスーン被告は記者の接見に応じ、心境を語った。

 「なぜ、日本の海保当局は、危うく私たちクルーが死にそうになったアディ号の沈没についてまったく捜査しようとしないのか?。世界各国に私の挑戦を支援してくれた人たちがおり、この裁判に注目している。日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(佐々木正明)

【関連記事】
シーシェパード元船長 傷害を否認 調査捕鯨妨害初公判
調査捕鯨はそもそも何を調べてる? 将来の食料確保のための生態把握
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
反捕鯨 再び豪選挙の争点に
シーシェパードの抗議船、曳航中に南極海で沈没
虐待が子供に与える「傷」とは?

豚が大量のウイルス=感染家畜処分に全力―口蹄疫(時事通信)
<暴力団観戦>相撲協会に調査指示…文科相(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)
「命が大切」の心、忘れずに=小6同級生殺害6年―長崎・佐世保(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。